第7回 ヘアスタイルを変えるように


投資を始めてみたけど、マーケットが動くたびにドキドキしちゃう・・・

これっていつまで持っていればよいの?いつが売り時なの?


安いときに買い、高いときに売る」ことができれば一番良いのですが、それが難しいからこそ、プロの人も必死に分析・予想をしているわけです。


リスク許容度のお話をしたときに、「どれくらいまでならマイナスとなっても気持ち的に耐えられるか」と、同時に、「どのくらいプラスにしたいか?」ということも想像してみてくださいと書きました。


投資を始める時と違って、売り時は購入した時の価格と比較して、決めます


ですが、「購入時点よりも高くなっていたら、売り時!」ではなく、「どのくらいプラスにしたいか?」をまず考えてください。


過去のパフォーマンスが、必ずしも将来の成果を保証するものではありませんが、過去を振り返って、どのくらいプラスになりそうなのか想像するのも役に立ちます。


そして、最終的に売り時を決めるのは「今、その資金が必要なのか?」ということです。


資産運用は、投資をすることが目的ではありません


ライフステージに合わせて必要な資金を確保するためにも、年齢に合わせてヘアスタイルを変えてきたように、生活が忙しいときは、バッサリ切ってショートにしたり、余裕があるときは長く伸ばしてロングでアレンジを楽しんできたように、売り時のタイミングも生活に合わせて決めることが重要です。


次回はNISAとは?というギモンについてお答えします♡


MY HAPPY SECOND LIFEのための、

MY HAPPY MONEYを応援しています!




ジュリエット

資産運用アドバイザー。D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)活動に力を注ぎ、ジェンダーバランス、LGBTQ+、ジェネレーションなど様々な課題に取り組み、その一環である障がい者スポーツのボランティア活動に取り組む。テレビ、雑誌、ウェブなどで金融やマーケットに関する情報を発信。