第5回 リスク許容度って何?


「投資信託は値動きのある株式や債券などに投資するため、基準価額は株式市場などの動向により変動します。したがって、投資信託には元本の保証はありません。」という説明をきくと、じゃあ、損しちゃうんじゃ・・・と、心配されるかと思います。


そこで、聞かれるのが、リスク許容度です。


どこまで損できるか?と、聞かれたら、絶対損したくない!と答えたくなりますが、どこまで儲けてもよいか?と、聞かれたら、どうでしょう。


リスクとはリターンの振れ幅のことで、ブランコに乗るのと一緒で(もう、何年もブランコに乗ってせんが・・・)、力を入れてブランコを揺らしていると、前にも後ろにも段々高さが出てきますよね。


それと同じように、投資信託も値動きが大きい、つまりリスクが大きいものは、マイナスになる可能性と同時に、大きくプラスとなる可能性も秘めています


リスク許容度は「どれくらいまでならマイナスとなっても気持ち的に耐えられるか」と言われますが、マイナスはヤダ!と頑なになってしまう前に、どのくらいプラスにしたいか?ということも想像してみてください。


次回はいつが始め時なの?というギモンについてお答えします♡


MY HAPPY SECOND LIFEのための、

MY HAPPY MONEYを応援しています!



ジュリエット


資産運用アドバイザー。D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)活動に力を注ぎ、ジェンダーバランス、LGBTQ+、ジェネレーションなど様々な課題に取り組み、その一環である障がい者スポーツのボランティア活動に取り組む。テレビ、雑誌、ウェブなどで金融やマーケットに関する情報を発信。