大人女子に贈る、サブカル初めのススメ♡



サブカルチャーの概念も、時代によって変わってきていることをお伝えした前回に続いて、

今回はあなたにも初めやすい?令和のサブカルの一部をご紹介したいと思います♡



歴女・蓋女・ダム女・コケ女…様々な趣味を楽しむ女性たち♡



サブカル女子」という言葉とその定義が世の中に認知されてから、もうすっかり長い年月が経ち、「おかっぱ・丸メガネ・ヘッドフォン・一眼レフカメラ・ヴィレッジヴァンガード」などといったプロトタイプは単なる側面の一つとなりました。


令和の今、ファッションやヘアカラーに対する自由度の高まりや、多様性を認める動きが主流となる中で、サブカル女子の概念もより細分化され、気楽で自由なものとなってきています。


サブカルとしての認知ではなくとも、


・歴女(歴史好きの女性)


・鉄子(鉄道ファンの女性)


・御朱印ガール(神社やお寺でいただける御朱印を集めている女性)


などは、以前からよく知られていましたね♡



他にも、


・プ女子(プロレスにハマる女性)


・スト女(ストリップファンの女性)


・蓋女(マンホールの蓋のデザインを愛でる女性)


・ダム女(ダムの人口美に魅力を感じる女性)


・コケ女(日本伝統のこけしを愛する女性。ちなみに苔を愛でる女性はコケガールまたはコケージョと呼ばれる)


など、よりマニアックな趣味を持つ女性も増加傾向にあります。



遊郭跡や廃墟を巡る旅が好きな女性や、昭和好きの女性、中でも特に建物に惹かれて旅に出る方も多くなっていて、昭和のラブホテル純喫茶などのネオン看板店頭のデザインテントなどの写真を投稿したSNSはとても人気が高くなっています


こういった趣味もサブカルなの?と思われるかもしれませんが、わたしは立派なサブカルだと思っています♡


サブカルとは、誰かと比べて優劣をつけるための指標ではありません。


マニアックすぎる趣味だからすごい、ということでも、認知されてきたからサブカルとは呼べない、というものでもない。


あくまで世間ではいまだ少数派の趣味でありながらも、「各個人にとっての生きがいであったり、ドキドキやワクワクを感じられるコトやモノ」、それこそがサブカルではないかと思います。



サブカル好きを公言することは、恥ずかしいことでも、大仰なことでもありません


もしもあなたが、まだあまり人に知られていないニッチな何かに注目したなら、是非それを追求してみて下さい。


これまでとは全く違ったところにたくさんのお友達ができたり、日常が彩られていくのは間違いないと思います♡




Carin☆

某有名アイドルのスタイリスト・フェムテック業界を経て、女性の元気を様々な方面から応援するコンテンツをプロデュース。 #昭和レトロ#サブカル#B級スポットを求めて日本全国を旅し、これからヒットするモノ・ヒトを発掘し、発信。