大人だからこそ!知っておきたい正しい知識



Femtech(フェムテック)」というワードをご存知ですか?


これは「Female=女性」と「Technology=テクノロジー」を組み合わせた造語で、女性に特有の問題を解決しようとする技術のことを指します。


女性の多くは思春期を迎えると、生理という現象との長い付き合いが始まり、パートナーとの性生活妊娠・出産・授乳・子育ての他、更年期と、実に様々な身体の変化や痛み・感覚を経験します。


しかしそういったトピックスは長くタブー視されてきて、その現象に痛みや苦痛を伴っていたとしても、「人に相談するのははしたない」といった感覚が、多かれ少なかれ植え付けられていましたよね。


近年、女性の活躍を推進する動きが活発になり、ようやく女性のウェルネスに関するトピックや活動を目や耳にする機会が増えてきつつあるとはいえ、現実ではまだまだ、その認知や理解は一部にしか広がっていないように感じます。


男性や社会に理解してもらうには、まず女性自身が自分たちの身体の仕組みや問題に対しての解決方法を、もっとよく知る必要があると思います。



フェムテックの分類 どんなものまでカバーしようとしているのか


実はフェムテックの市場は世界的に成長を続けており、2025年には市場の規模が500億ドル(約6兆3000億円)相当に達するとみられているそうです。


世界中の国や企業が、女性の活躍を推進する上で、女性特有の問題を理解しサポートすることが大切だと考え、様々な分野でフェムテックの開発を進めています。


カテゴリ―も以下の通り多岐にわたっており、幅広いサポートが期待できますね。


医療分野:女性特有のがんに関する新しい検査方法や不妊治療などの生殖医療、婦人科疾患の予防、その他総合的な健康問題に対応する仕組みなど


メンタルヘルス:ホルモンに関連した気分障害や産後うつなどのカウンセリング、セラピー、薬物療法管理など


生理にまつわるサポート:痛みや不快感の軽減のための医療的なサービス・製品開発など


性の健康:経口避妊薬(ピル)などの医療的側面のほか、正しい性の知識の周知、性生活を楽しむためのグッズの開発など


妊産婦と胎児の健康:胎児のモニタリングや妊娠合併症の予想リスクスコアを算出するケア管理プラットフォームの開発など


授乳に関するサポート:母乳検査キットの開発や新米ママの支援サービスなど


更年期に関すること:中年期以降の女性の健康をサポートするための仕組みづくりなど




フェムテック」と聞くと、なんとなく、フェミニズムだけを強く推進するようなイメージを持ってしまったり、アダルトなトピックを想像してしまう方も多いのではないでしょうか。


日本語の印象として、「性生活をよくするためのグッズ」などと聞くと、途端に悪いことを話しているような気分になる方もいるでしょうし、「生理」や「不妊治療」などのトピックも、デリケートでリアルな話題であることから、敬遠されがちだったりしますよね。


けれど、どんな女性にも起こりうる健康上の課題を真面目に話すことは恥ずかしいことでも悪いことでもありません


現状を知らなければ対策もできませんよね。


男女間の性差年代別の差地域格差など、超えなければならない壁はまだ多くありますが、まずは一人ひとりが、「オープンに知識を得ても良いんだ、話をしても良いんだ」という意識を持つことから初めて行けたら良いのではないでしょうか♡


(参照:日本経済新聞2022年5月27日




Carin☆

某有名アイドルのスタイリスト・フェムテック業界を経て、女性の元気を様々な方面から応援するコンテンツをプロデュース。 #昭和レトロ#サブカル#B級スポットを求めて日本全国を旅し、これからヒットするモノ・ヒトを発掘し、発信。