世間一般的にいうと、50歳という年齢に関連するキーワードは、シルバー世代の入り口、人生のターニングポイント、定年まであと約10年、更年期、ダイエットをしても体重がなかなか落ちない、疲れが感じやすくなったなど、残念ながらネガティブなものばかり。


当時50歳を迎えたばかりのSさんも、子供なし、彼氏なし、結婚歴なしのシングル女性


30代は仕事に集中し、40代は仕事で知り合った既婚男性とズルズルと付き合い、気がつくと50歳に


自分には仕事があると思っていた矢先に、会社が倒産


気分がまさにどん底、久しぶりに友人と二人で会えることを楽しみにしていた矢先に、友人から「悪いけど、今日別の友人も連れてくるから」と連絡が。私がプライオリティではないの?悲しみと絶望が混ざった感情を抱きながら、約束をしていたレストランに。洋服もルームウエアといえるくらいの普段着。口紅もつけていない、ノーメイク状態。


友人が連れてきたのは、奥さんと離婚したばかりで落ち込んでいると友人


まったく予想もしていなかったが、彼を見た瞬間胸がドキドキしたとSさんは当時を振り返ります。


「ノーメイクでまったく努力していない、近所のオバサン状態の恰好で友人に会いに行って、まさかこんな出逢いがあるなんて夢にも思いませんでした。」

お互いに話が合い、その後友人を交えて食事に行ったり、出かけたりしたりするうちに、お付き合いするように。


「でも私はもう50歳。彼は離婚したばかりで、幼い子供が二人いました。おまけに彼のほうが7歳も若くて。彼が嫌がるのではないだろうか?真剣なお付き合いになり、また自分が傷ついてしまうのでは?っと頭の中では色々なことがグルグルと回ってめまいがしました


しかしある意味50歳で、人生もこれからどうなるかわからないので、クヨクヨと考えずに自分の心にある不安を話しました


Sさんが実際に自分で実践したことは:


お互いに不安に思っていること、疑問に思っていること、不快に思っていることを全て話す。話すことに抵抗がある場合は、紙に書くなどして、正直に全て話す

ただし、毎回会った時に話すのではなく、「不安に思っていることを話す日」を設けて、お互いに心の内を話したら、次回会った時はもうそのことを話さない


女性だと気になるのがやはり年齢。特に相手が年下だと、コンプレックスに思ってしまうこともありますが、自分が心地よいと思ったファッション、メイク、外見をすることが大切。無理して自分を演出してしまうと、結果的に疲れてしまい、せっかくの素敵な出逢いも苦痛になってしまいます。


恋愛をすると、やはり気になるのがセックス

裸を見られるのが恥ずかしい、とても人に見せられるお腹じゃないなど、自分のカラダや年齢に自信が持てなくなってしまい、アラフィフはセックスに逃げ腰になってしまいがち


私もとても人様に見せられるカラダではない、ベッドの中でもどうやってお腹を凹ませるかと考えていました。アラフィフからのセックスは20代のセックスと違い、「セックス」そのものの肉体的な関係だけではなく、肌を重ねてお互いの存在を楽しむ。お互いに大人だからこそ、楽しめるセックスができるではないでしょうか?


今年57歳のお誕生日を迎えたSさんは、「50歳になって、死ぬまでお1人さまと覚悟していました。まさか自分が50代になってから大恋愛をし、セックスをするなんて考えていませんでした(笑)。


彼に50歳の時に出逢い、人生で一番楽しい、プライベートが充実した時期を迎えました。プライベートが充実し、表情も明るくなり、50代に入ってから起業する勇気も出ました。」


50代になってからのファーストラブ


人の目を気にすることをやめて、自分の気持ちに直になることが大切。大人の恋愛は自分のことがわかっているからこそ、相手のことも思いやすことができる


アラフィフからの恋愛もセックスもぜひ楽しんでください。


#アラフィフ

#更年期

#大人恋愛

#恋愛