ローバ・ミッキーの「映画を通して、恋愛力アップを」

出家とは「生きながら死ぬ」こと 『あちらにいる鬼』


写真出展&Referance:「あちらにいる鬼」公式サイト


人気作家・長内みはる(寺島しのぶ)は、講演旅行で知り合った作家・白木篤郎(豊川悦司)と男女の仲になる。

篤郎の妻・笙子(広末涼子)は夫の奔放な女性関係に気付きながらも、夫婦として表向きは穏やかな生活を送っていた。

みはるは20年前に幼い娘を残して婚家を出て、当時は年下の作家と暮らしていた。一方の白木は愛人が自殺未遂して、笙子に尻拭いをさせたばかり。

しかし、みはるにとって白木との関係は「書くこと」を通して、なくてはならない存在となっていく



作家・井上荒野が、自分の父である作家・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の関係を題材に同名小説を上梓

執筆の際に瀬戸内寂聴は「なんでも聞いてね」と協力を惜しまず、本の帯に「モデルに書かれた私が読み、傑作だと感動した名作」と絶賛した。

それを基に『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』の廣木隆一監督が、寺島しのぶ、豊川悦司、広末涼子で映画化。

ねっとりとした肉体の絡みも情念もあって「大人」の映画そのもの。

広末涼子の感情を抑えた演技が出色。

すべて中途半端ではない、何事にも一生懸命で生き切った女性2人が、スクリーンに眩しく輝いていた。

また1960〜70年にかけての装いにも注目してほしい

この頃は気の張った外出には和服、普段は洋服という和洋のバランスがとれていた最後の時代

落ち着いた色合いに目を向けていただきたい。

◎この恋愛の果てに仏門に入ることになった瀬戸内寂聴

今年の5月に公開された『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』のドキュメンタリーの中にもサラッとこの話が出てくる。


関連記事:女性を楽しんで自由に生きる♡瀬戸内寂聴さんからの素敵なメッセージ

★廣木隆一監督/日本/139分

★公式ホームページ:https://happinet-phantom.com/achira-oni/ 

★11月11日公開



★ミッキーの毎日・映画三昧 http://mikki-eigazanmai.seesaa.net

映画好きが高じて年間500本以上を映画館、国内映画祭、試写室で観ている年金満額&後期高齢者のローバ・ミッキーです。週1回ほど映画を通していろいろな「人生&恋愛模様」を語っていきます。