LGBT・・・だけじゃない!セクシュアリティの多様性

真剣に考える!セクシュアリティの多様性 一般的にLGBTとは、 L(レズビアン):女性同性愛者 G(ゲイ):男性同性愛者 B(バイセクシュアル):両性愛者 T(トランスジェンダー):心と体の性が一致していない を指しますが、これら4つはどれも「男性・女性」という2つの性別に基づいています。 では「男性・女性」という枠で分けることができない、「LGBT」にあてはまらない人は? そこで、「LGBTQIA+」という言葉が生まれました。 Q(クエスチョニング・クィア):自分の性別がわからない・セクシャルマイノリティ I(インターセックス):男性・女性のどちらとも断言できない身体構造を持つ A(アセクシュアル):誰に対しても恋愛感情や性的欲求を抱かない そして、名前のついていない性やそれ以外の性を表す「+(プラス)」が追加されていま す。 日本でもようやく、セクシュアリティについての議論が深まりを見せ、色々なイベントも各地で開催されるようになりましたね。 この機会に一度、LGBTQIA+の言葉の意味だけでなく、性のあり方を真剣に考えてみてください♡

LGBT・・・だけじゃない!セクシュアリティの多様性