膣ブス?アラフォー世代は注意!

膣が美しくない人は、顔の艶や表情にも表れます。 「膣」は女性の生殖器の一部で、大切な部分です。スキンケアの話をすることがあっても、「膣」について話をすることはあまりありませんが、膣がブスな状態=体のコンディションが整っていない証拠。寝不足や疲れが溜まると、デリケートエリアに不快感や違和感、かゆみを覚える人も多いと思います。 女性は自分が思っている以上に、膣に体調や精神状態が反映されています。特にアラフォー後半からは体のホルモンバランスも崩れがち、膣がゆるみがちになります。 膣を絞めてカラダを整える。「膣」をしっかりケアしてあげることで、体調を整え、女性ホルモンの正常化を促すため、健康兼でも美容面でも、若々しさをキープすることができます。簡単にできる膣ヨガをご紹介します。 ●テレビを見ながら 床に座り、両足を立てます。壁に軽くよりかかり、リラックスします。息を吐きながら膣と肛門を絞めます。(10秒)息を吸いながら膣と肛門を緩めます。(10秒)*各3回繰り返します。 ●オフィスで仕事をしながら 椅子に座って、姿勢を正します。腰と背中が背もたれに真っすぐあたるように意識します。 息を吐きながら膣と肛門を絞めます。(10秒)息を吸いながら膣と肛門を緩めます。(10秒)*各3回繰り返します。 寝る前に1分でできる、膣ヨガ 寝る前に1分でできる、膣ヨガ。動画はこちら♡ 少し時間のある週末は骨盤底筋を鍛えるヨガ 週末やお休みの日、少し時間が取れる時は、骨盤底筋を鍛えるヨガにチャレンジしてみては?ぽっこりお腹改善にも効果的です。 動画はこちら♡ 毎日実践することで、将来体の状態が変わってきます。アラフォーからは「膣美人」を目指して、おうち時間で自分を磨いてみては? #アラフォー#アラフィー#膣ヨガ#膣トレ

膣ブス?アラフォー世代は注意!