愛され体質になる。カラダのソロ活のオススメ。

<セクソロジストのアンリの大人女子の保健室> 今回はマスタベーションについてお話します。 マスタベーションというと、ネガティブなイメージを持たれがちですが、実はカラダに様々なメリットがあります。 マスタベーションについて、よくいただく質問をまとめてみました。 自慰行為(マスタベーション)は痛みを和らげることはできますか? 答えは、はい と いいえ の両方です。 自慰行為自体は必ずしも痛みを軽減するわけではありませんが、オルガズムは軽減します。 オルガズムを得ると体の自然な鎮痛ホルモンであるエンドルフィンを含むホルモンが放出されます。痙攣や、頭痛やその他の痛みが軽減する場合があります。 マスタベーションは気分や睡眠に影響を与えますか? はい、影響を与えます。 オルガズムの間に放出されるエンドルフィンによって、一時的に幸せな気分・リラックスした気分になります。 オルガズムを得ることで、ストレスホルモンを中和し、睡眠を誘導するオキシトシンも放出します。またノルエピネ不倫とセロトニンを放出することによって、身体がレムサイクルの流れに上手く入るのを助けます。 人によっては、オルガズムのあとに眠りを感じるのではなく、エネルギーのブーストを感じることもあります。 パートナーがいるのにマスターベーションすることは良いことですか? パートナーとの性的関係においてどのようなメリットがありますか? 自分自身を楽しむことができるということ、多くの人にとってまだ残念ながら、自然に感じられないとよく耳にします。 性について話すことが、まだタブーとされているためです。 自分で、自分のカラダをよく理解し、好きな部分・好きなタッチや動きを理解し、学ぶことです。 自分で自分の悦びをコントロールすることができ、パートナーともシェアすることで、より良い関係を築くことができます。 ソロセッションをレベルアップするには、どうすれば良いですか? 自分の好きなタッチ・動き・圧力・リズムを把握することが大切です。 おうちに自分だけの空間を作り、キャンドルやアロマを焚いて、時間をかけて自分のカラダの自己探求をしてみましょう。 心身のつながりに焦点を当て、完全にリラックスした状態で、自分の性のエネルギーを感じることで、ソロセッションをレベルアップすることができます。 アンリさん♡ 日本国内ではまだあまり聞きなれない、セクソロジストとして欧州で活動。セクシュアリティ・性の健康について、心理学・性科学について研究を進め、セクシャルヘルス・セックスセラピー・カップルセラピーを行っています。

愛され体質になる。カラダのソロ活のオススメ。