ニッチでマニアック、だから注目!大人女子こそ知りたい「サブカルチャー」

知らないことはもったいない!カルチャーの多様性 マイハッピーセカンドライフでは、世界中の文化・トレンド・お悩み・ライフスタイルなどについて、「その多様性こそが素敵で面白い!」という視点で発信しています♡ 今回は、一般的にメジャーではない文化だからこそ誤解されやすい、「サブカルチャー」についてお話したいと思います。 *「サブカルチャー」ってどんなもの? 日本はサブカルチャーの国として、世界的によく知られています。 「サブカルチャー」とは、主流の文化ではなく、少数派に支持される文化と思われがちですが、今は多くの人に親しまれる大衆文化・若者文化なども含まれるようになりました。 日本においてのサブカルチャーは「サブカル」と呼ばれ、ある一定数の根強い人気を持つ、独自の文化が発展しています。 *ポップカルチャーとの違いは? 「ポップカルチャー」とはもともと、テレビや映画、ポピュラー音楽のように、大衆に広く知られている文化といった意味でしたが、最近では「訴求力が高く、等身大の現代日本を伝えるもの」と定義されています。 「サブカル」との明確な線引きも時代とともに変わってきていて、例えば、2000年以前はオタク文化とも呼ばれ、サブカルの代表的存在だった漫画やアニメ・ゲーム・アイドルやコスプレなども、現代においては日本を代表するポップカルチャーとして世界的にも大人気になっています。 サブカルは、「サブカルチャー」という言葉が世間で認知され始めた1980年代ごろと現代では、大きく定義もイメージも違う、少々ややこしい文化ではありますが、れっきとした「カルチャー」の一つであり、素晴らしい作品や思想・風潮も多いものなのです。 *サブカルってなんだかマイナー文化? サブカルとは、 ・「他人とは違う自分」 ・「大勢の人には見えていないところが見えている私」 ・「自分だけの美意識」 のようなものを、他人に強要せず、深く追求し、大切に堪能する文化であると言えます。 海外ではそういった、自分の考え方や好きなものなど、個性を大切にしながら、自分らしい「スタイル」を持っている女性が注目されています♡ ニッチでありマニアックであり、マイノリティであることを楽しむ「サブカル」文化。 「サブカルだから」「マイナーだから」という目線は一度取り払って、新しい視点で色々な文化に触れてみてはどうでしょう? 知ってみると意外とハマって、新しい風が吹き込んでくるかもしれませんよ♡ 大人がもっと楽しい!MY HAPPY SECOND LIFE♡ Carin☆ 日本全国のストリップ劇場やB級スポット・ライブハウス等に旅をしている、昭和・サブカル・乗り鉄ライター。 養護教諭の免許を持ち、古着屋・美容外科・某有名アイドルのスタイリスト・ バーテンダー・大人のオモチャ屋など、幅広い職歴と人脈を活かした記事を執筆。 名古屋の今池を拠点とした今池ストリップ部を主催し、2017年から2018年まで、 今池の老舗ライブハウス・得三のマンスリースケジュールにコラムを連載。 女性の元気を様々な方面から応援すべく、2022年からマイ・ハッピー・セカンド・ライフにてコンテンツ/カスタマー・サクセス・ディレクターとして活動を開始。

ニッチでマニアック、だから注目!大人女子こそ知りたい「サブカルチャー」