ジビエとワインでハッピーな起業♡輝く女性バーテンダーにインタビュー!

もう、いきなり仕事を失いたくない! 世の中を狂わせたコロナウイルスによって、年に2回もリストラされてしまった!! 2021年、コロナ禍真っ只中に、名古屋の今池で自身のBarをオープンさせた、 「がーこちゃん」こと鹿間友美子(しかま・ゆみこ)さん。 大変な時期に一念発起! 「起業する」というチョイスをしたがーこちゃんに、その理由や今想うことなどを伺ってみました! ★どんなお仕事をしているか教えてください。 「ジビエ料理を召し上がっていただけるカジュアルなBarでバーテンダーをしております。」 ★起業をしようと思ったキッカケは? 「コロナをきっかけに年に2度リストラになり、もういきなり仕事を失いたくない!(笑) 起業すれば自分で仕事を生み出せる!と思ったからです。」 ★毎日心がけていることを教えてください。 「どんなお客様がいらっしゃるか、そのお客様に楽しい場として、心落ち着ける空間として提供出来るように心がけています。」 ★自分がハッピーだと思う時はどんな時ですか? 「誰かの"嬉しい"を共有していただいた時やお客様とのお話でグルーヴ感が生まれた時です。」 ★起業してどのような時が良くて、どのような時に大変だなと思いますか? 「良かったことは、ライフワークバランスを自分で調整出来ること。 大変なことは、全てが自分の責任なので誰のせいにもできないこと、 全ての仕事に目を配らなくてはいけないこと。」 ★プライベートのお仕事のバランスについて教えてください。 「現状は3:7でお仕事の比重が多いです。」 ★どんな人に惚れますか?(男女とも) 「男女問わずキップがよかったり心意気のある方を好きになります。」 ★自分にとってのセカンド・ライフ(第二の人生)とは?どのようにしたいですか? 「今は旦那との2人暮らしなので、子どもが生まれた時がセカンドライフになるかと思います。 その際は家族みんなが笑いあえるのはもちろん、お店に来てくれるお客様にも家族を受け入れてもらえて、対個人だけでなく家族を1つの単位として繋がれるような生き方をしていきたいと思っています。」 明るい笑顔で気さくな人柄ながら、芯の強さと賢さを感じさせるがーこさん。 趣味が高じて、なんと2種類の狩猟免許を取得しているそう! 自身のBar「Sarad Bowl」(バー サラダボウル)では、腕を活かしたお料理の他、 世界の音楽とお料理のイベント・昆虫食イベント・ジビエ丸焼きイベントや手作りパンのイベントなど、楽しい企画も満載です。 珍しいウイスキーや、アブサン・メスカルといった変わったお酒も豊富で、ナチュールワインも日々たくさん入荷しているので、デートにはもちろん日々のちょっとしたソロ活にもピッタリです♡ 季節のお花やオブジェなど、インテリアにも細かい気配りを感じる居心地の良いお店、 Bar Salad Bowl。 ぜひ足を運んで見てくださいね♡ Bar Salad Bowl:https://www.instagram.com/barsaladbowl/ 〒464-0858 愛知県名古屋市千種区今池1丁目28−13 052-990-9590 Carin☆ 日本全国のストリップ劇場やB級スポット・ライブハウス等に旅をしている 昭和・サブカル・乗り鉄ライター。 養護教諭の免許を持ち、古着屋・美容外科・某有名アイドルのスタイリスト・ バーテンダー・大人のオモチャ屋など、幅広い職歴と人脈を活かした記事を執筆。 名古屋の今池を拠点とした今池ストリップ部を主催し、2017年から2018年まで、 今池の老舗ライブハウス・得三のマンスリースケジュールにコラムを連載。 女性の元気を様々な方面から応援すべく、2022年からマイ・ハッピー・セカンド ライフにてコンテンツ/カスタマー・サクセス・ディレクターとして活動を開始。

ジビエとワインでハッピーな起業♡輝く女性バーテンダーにインタビュー!