インタビュー【後編】「アデリアレトロ」の復刻を手掛けた二人の女性♡

空前の昭和レトロブームを牽引する「アデリアレトロ」! 写真出典&Referance:アデリアレトロ 昭和の食卓を彩った、老舗メーカー石塚硝子株式会社の「アデリア」プリントグラスシリーズ。 発売から50年を超える今でも、熱狂的なファンが多いこのシリーズを「アデリアレトロ」として復刻、100万個を超えるミリオンヒット商品とした、杉本光(すぎもと・ひかる)さん、桐本夏希(きりもと・なつき)さんにインタビュー!後編です♡ 杉本光さん 桐本夏希さん *ワークライフバランスの取り方について教えてください。 桐本さん:私はワークとライフを分けて考えていません。「ワークイズライフ」と言っても過言ではないです。 自分の買い物をするときでもエンドリサーチをしている側面もありますし、何をしていても勉強だと思えます。 自分にとっての勉強の時間を仕事にするのは嫌ですね。 今後のチャレンジのためにも今は自分への投資をしているつもりで仕事をしています。 ただこれは、フリーランスになったからできることでもあります。 企業に属していると就業時間や規則がありますから。 そういう意味でも今の仕事のやり方は私には向いていると思います。 杉本さん:私も個人的には仕事と暮らしをわけるというより、「仕事であり趣味の延長である」というような気持ちです。 昨年出産を経験し、子供との時間が必要になったことで、もちろん頭の切り替えは必須ですが、好きなことを仕事にできているのであまり苦ではないですね。 *独立・出産と、それぞれの転機を迎えられたお二人から、セカンドライフを迷っている方へメッセージをお願いします。 桐本さん:私もアデリアレトロがうまく行った矢先に独立の道を選び、半年ほど無職でした。 不安にもなりましたが、日本に住んでいれば、よほど餓死するとかはないよな!って(笑)。そう自分に言い聞かせて前を向きました。 仕事がなくても死なない!転職した先が変な職場だったら・収入が減ってしまったら、など、もしも今より最悪の状況になってしまっても、きっと死ぬことはない。 ベースを低く設定しておけば、たとえ失敗をしてしまっても苦にならない。 勇気を持って、好きなことをしてみたらいいと思います。 杉本さん:私もアデリアレトロが軌道に乗った時に妊娠・出産となったので、中断することにとても悔しい気持ちでした。 子育ても仕事も、全て100%でやりたかったんです。 けれどそれは無理なこと。全ていいとこ取りすることはできないですよね。 環境が変わると失うものも、得られないものもあります。けれどそれはマイナスなことではありません。 自分にとって新しいことがたくさんあるので、新しい環境を楽しんでみて下さい。 *今後の展望をお聞かせ下さい。 桐本さん:アデリアレトロは突出した成功例ですが、一回の成功だけでは運のようなもの。実力で成功していきたいです。 商品やサービスを展開し、ファンを作って交流することで、みんなでその商品を創っているという流れを、これからもやっていきたいですね。 杉本さん:これからも、ものづくりやデザインにずっと関わっていきたいです。 好きなもので、人に喜んでいただけたら嬉しいですね。 楽しんで、良いモノを創り続けて行きたいです。 好きなことを仕事にしながら、充実したセカンドライフを送っている桐本さん・杉本さん。 人生とキャリア、恋や子育てに奮闘するマイハッピー世代の私たちに、大きなヒントをいただけたのでは? 皆さんのセカンドライフも、ハッピーでありますように!♡ *お二人のインタビュー、前半はこちらから♡ *アデリアレトロ Instagramアカウントはこちら。 *アデリアレトロ Twitterアカウントはこちら。 Carin☆ 日本全国のストリップ劇場やB級スポット・ライブハウス等に旅をしている 昭和・サブカル・乗り鉄ライター。
養護教諭の免許を持ち、古着屋・美容外科・某有名アイドルのスタイリスト・ バーテンダー・大人のオモチャ屋など、幅広い職歴と人脈を活かした記事を執筆。
名古屋の今池を拠点とした今池ストリップ部を主催し、2017年から2018年まで、 今池の老舗ライブハウス・得三のマンスリースケジュールにコラムを連載。
女性の元気を様々な方面から応援すべく、2022年からマイ・ハッピー・セカンド ライフにてコンテンツ/カスタマー・サクセス・ディレクターとして活動を開始。

インタビュー【後編】「アデリアレトロ」の復刻を手掛けた二人の女性♡