大人女子のためのマイ・ハッピー・ウェルネス♡


以前にホノルルマラソンに参加した時に、現地でランナー向けのヨガのイベントがあり、ランニングとヨガには相乗効果があることを実感しました。


体を伸ばして疲労回復できる上に、ヨガによって、ランニングに必要な安定した呼吸強い体幹脚の筋力ケガを防ぐ柔軟性を高めることができます。


また、体幹や筋肉を鍛えているランナーは、ヨガのポーズが安定します。


ランニングとヨガには、共通する点がいくつもあります。


呼吸に合わせて体を動かすこと、左右のバランスをとること、体幹・体の軸が重要なこと、思考が穏やかに前向きになること。


なぜランニングやヨガをすると、ポジティブな気分になれるのでしょうか。



ランニングをすると脳機能が向上すると言われています。


脳の血流が増え、活性化され、セロトニン、ドーパミン、エンドルフィンといった脳内物質が分泌されるそうです。


セロトニン:心を穏やかに、精神安定、幸福感を高める、睡眠の質を良くする


ドーパミン:やる気を上げる、集中力や記憶力が高まる


エンドルフィン:鎮痛効果、気分の高揚・幸福感(ランナーズハイ)


特に、セロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれ、ヨガをすることでも分泌されるようです。


ランニングやヨガをすると気分がすっきりして前向きになれるのには、理由があったのですね。


一方で、私たちの世代には、ハードなヨガやアスリートのようなランニング生活は、逆にストレスになる場合もあるので、リラックスヨガやゆっくりジョギングの方が、幸せホルモンを最大限に享受できる気がします。


気分が晴れない時には、軽く走って、ウォーミングアップとクールダウンにヨガのポーズを取り入れてみてはいかがでしょうか。


ランニングとヨガで、幸せホルモンを増やして、ハッピーに生きましょう♪




シャルテオ 大学時代にはモデルとして活動、その後フランス・パリに留学。 帰国後、外資系金融機関に勤務する傍ら、MBAやその他の資格を取得、幅広い趣味を持つ。 マラソンやロードバイクの各種大会完走、米国ヨガアライアンス・ヨガティーチャー登録、パリ・コルドンブルー料理学校料理基礎コース終了、野菜ソムリエ資格、アスリートフードマイスター3級取得。 会社員生活25年を機に退職し、東京オリンピック・パラリンピックのボランティア活動後、コンサルティング会社を起業。 これまでインプットしてきたスキルや経験をアウトプットしていく方向にシフトしている。東京と軽井沢での2拠点生活をしながら、自由な働き方で心豊かに、充実したセカンドライフの実現を目指している。