45歳からの自分がしたかったことは何?


大人向けの雑誌やメディアを見ていると、「趣味を見つけよう!」「今始めるべき〇〇!」といった内容のものがたくさん目に付きますね。


マイハッピーでも日頃から、「ワクワクするには?」や「ドキドキする気持ちを忘れない!」といったトピックを発信していますが、私たちが一番に伝えたいことは、「自分自身が気持ちよく過ごしながら、ハッピーに生きられるように」です。


女性は真面目で努力家の方が多いこともあり、幼いうちから習い事を始め、大人になるにつれて追加される「女らしく」というバイアスによって、さらなるスキルを習得し研鑽することを美徳としがち。


出来ること・得意なことが多いのはとっても素晴らしいこと!

よりよい未来のために努力するのは大切です♡


でも、45歳を過ぎて、本当にしたかったこととは何か?


趣味」とは必ずしも、何かを追求したり、その道を極めたり、スキルアップを図るものでなくても良いのではないでしょうか?


例えば、「近所のお気に入りスポットで夕焼けを見る」とか、「ベランダでビールを飲む」といった、のんびりしたものでもいいと思います。


「何もしない」というのは究極のリラックス、最高にハッピーな趣味といえるのでは?笑



無心」という言葉がありますが、ひとくちに無心といっても様々な意味を持っています


その中で「無心で没頭出来る」と「無心になれる瞬間」という文章では全く逆の印象がありますね。


時間を忘れて熱中できるほどの趣味も、時間を忘れてぼーっとする趣味も、どちらも「無心」になれること


どちらかに決めてそれだけをやるのも素敵ですが、大人なので欲張りに、どちらも好きな時にやってしまいましょう!♡


わたしたちは、ずっと頑張ってきました。

そして、これからも頑張る時もたくさんあるでしょう。


キラキラしたりドキドキしたり、たまには泣いたり怒ったり、ふて寝したりして、自分がその瞬間に何を感じてどうしたいのかを、自分がきちんとしてあげること


そういう意味で、「人生の趣味=自分を気持ちよくさせてあげること」と言ってしまってもいいのではないでしょうか!


世界中でバカンスを楽しむ人が多いこの時期は、自分の人生・自分の生涯の趣味について、のんびり考えてみてはいかがでしょう♡



関連記事:オランダ発!究極のウェルネスは「何もしないこと」




Carin☆


某有名アイドルのスタイリスト・フェムテック業界を経て、女性の元気を様々な方面から応援するコンテンツをプロデュース。 #昭和レトロ#サブカル#B級スポットを求めて日本全国を旅し、これからヒットするモノ・ヒトを発掘し、発信。