My Happy Second Lifeを楽しんでいる、大人のソロ活!


今回はマイハッピースタッフが、ロンドン・THE RUBENS(ザ・ルーベンズ)ホテルにて、エリザベス女王即位70周年を記念して開催された「プラチナ・ジュビリー・アフタヌーンティーへ行ってきました!


英国スタイルのアフタヌーンティーは、1840年頃、7代目ベッドフォード公爵夫人のアンナ・マリアによって始められたとされています。


当時の貴族の食生活は、イングリッシュ・ブレックファストと呼ばれるたっぷりの朝食と、夜9頃からはじまる夕食の2食でした。


昼食と夕食の小腹の空く時間に、スコーンやお茶をいただき、仲間と語らいながら過ごしたのが始まりと言われています。



今、日本でも話題のヌン活(=アフタヌーンティー活動)ですが、フォーマルなアフタヌーンティーを楽しむための作法・マナーがあるのをご存知でしょうか?


かなり細かいセオリ―があるのですが、今回はその一部をご紹介します。


ティーカップはハンドルを右に、スプーンはハンドル側に縦に置きましょう


ティーカップは必ず右手で、ハンドルをつまむように持ち、ティーフーズは左手でいただくようにしましょう


・スタンドに並べられたティフーズをいただく時は、サンドイッチ→スコーン→ペイストリーの順にいただきましょう


ティーフーズは全部食べきらないように、少しずつ残しましょう

(主催者が、ゲストにお腹いっぱいになってもらうために用意をしているので、食べ切れないほどたくさんのおもてなしに、満足しましたという敬意を表すためだそう)


他にも、より追求すると、様々な細かいマナーがあります。


優雅なアフタヌーンティーを楽しむために、歴史的背景そのマナーが誕生した理由などの知識を身に着けておくと、より気持ちよく、スマートな時間を過ごせるのではないでしょうか。


是非、ご自身でも調べてみて、素敵なヌン活を楽しんでくださいね♡