軽井沢というと、上皇ご夫妻が出会われたというテニスコートが有名ですが、町のあちこちにテニスコートがあり、早朝からテニスコートで汗を流す人たち、特にシニア世代をよく目にします。いつまでもアクティブにスポーツを楽しむことができるのは、とても素敵ですね。



テニスだけでなく、軽井沢は、スポーツをするのに恵まれた環境です。ハイキングやサイクリングはもとより、南には広大なゴルフ場がいくつも、カーリング場を含めた各種スポーツ施設が充実しており、冬はスキー場でスキーやスノーボードもできます。



そんな環境にいると、新しいスポーツにチャレンジしてみたくなります。軽井沢に来てから、冬は、時々、スノーボードをやっています(ほぼ初心者ですが)。スキー場まで10分程度で家からウェアを着たまま気軽に行けるので、それは行くしかないと思ったのがきっかけです。今年は、屋外スケート場でインラインスケートもやってみました。今後は、乗馬やカーリングをやってみたいと思っています。



最近、友人たちと乗馬をやろうという話になったのですが、大人世代が始めるスポーツとして、乗馬はとても魅力的です。馬に癒されながら、適度に体も動かせるなんて。シリアスランニングやバスケットボールのような激しいスポーツは、少しストレスに感じてしまう今日この頃。スポーツも、今の自分に合わせて選び直すタイミングに来ているのかもしれませんね。



もちろん、若い時からやってきたスポーツを継続できるのも素晴らしいことですが、今から新しいスポーツを始めてみるのもいいと思います。中高年になってからロードバイクを始める人は多いですし、サーフィンやバレエを始まる人もいますよね。




これまでとは違う筋肉や脳を使えば、新しい刺激となって、心身ともに衰えずにいられる気がします。スポーツでも、何でも、やったことのないことにチャレンジしてみて損はないです



人生100年の時代に、年齢を重ねても続けられるスポーツを見つけて、今のうちにトライしてみるのがよいと思います。もし、いつかやってみたいと思っていたスポーツがあれば、先延ばしにせずに、とりあえず試してみませんか。お友達と一緒に始めれば、最初の一歩が踏み出しやすいでしょうし、楽しく続けられそうです



セカンドライフをアクティブに過ごすためには、やはり基礎的な体力や筋力が必要なので、少しずつでも、今から運動習慣をつけておいた方がいいですね。


まだまだ、新しいことにチャレンジしていきましょう!




シャルテオ


大学時代にはモデルとして活動、その後フランス・パリに留学。

帰国後、外資系金融機関に勤務する傍ら、MBAやその他の資格を取得、幅広い趣味を持つ。


マラソンやロードバイクの各種大会完走、米国ヨガアライアンス・ヨガティーチャー登録、パリ・コルドンブルー料理学校料理基礎コース終了、野菜ソムリエ資格、アスリートフードマイスター3級取得。


会社員生活25年を機に退職し、東京オリンピック・パラリンピックのボランティア活動後、コンサルティング会社を起業。これまでインプットしてきたスキルや経験をアウトプットしていく方向にシフトしている。


東京と軽井沢での2拠点生活をしながら、自由な働き方で心豊かに、充実したセカンドライフの実現を目指している。