top of page

元外資系金融・バリキャリ女子、シャリテオの心と体に優しいお料理レシピ


ケールの豆乳スープ




効果

ケールには、βカロテン、ルテイン、ビタミンCやE、カルシウム、メラトニンなどが含まれ、美肌や老化防止に効果があります。そのうち、βカロテンは、体内に入るとビタミンAになり、目の健康にもよいです。ビタミンCは加熱で溶け出しますが、スープにすれば漏れなく摂取できます。

牛乳、バター、小麦粉の代わりに、オリーブオイルと豆乳を使うことで、コクのあるスープに仕上がります。満足感もあるので、メインディッシュや炭水化物の取りすぎを防ぎます。香味野菜が風味を豊かにし、消化促進効果もあります。


人数

2名用

難易度:簡単

調理時間:約20分

予算:低



レシピ・作り方

用意するもの:     

ケール:80~100グラム

ジャガイモ:80~100グラム

オリーブオイル:大さじ2

玉ねぎまたはエシャロット:50グラム

ニンニク:1かけ

ショウガ:少々(チューブで代用)

コンソメブイヨン(顆粒):小さじ1~2

豆乳:1カップ

水:1カップ

塩・こしょう:少々




作り方:

1.ジャガイモは皮をむき、5ミリ程度の角切り、ケールはざく切り、玉ねぎまたはエシャロットとニンニクはみじん切りにする。ケールの葉は、飾り付け用にも少し取っておく。


2.鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎまたはエシャロット、ニンニク、ショウガを入れ、香りをたたせる。


3.2にジャガイモを加え、中火で炒める。


4.3にケールを加えて、ジャガイモと混ぜながら、少し炒める。


5.4に水を追加、コンソメブイヨンを入れて、ジャガイモに透明感が出て、ケールのボリュームが小さくなるまで加熱する。


6.5に豆乳を加えたら、煮立たせないように火を調節しながら、鍋の中にブレンダーを入れ、攪拌する。ブレンダーがなければ、スープの粗熱を取った後、ミキサーで攪拌し、鍋に戻す。スープを完全になめらかにするのか、ケールの食感を残す程度にするのかはお好みで。


7.塩、コショウでスープに味をつける。

温製スープの場合は、そのまま盛り付け、冷製にする場合には冷蔵庫で冷やしてから盛り付ける。ケールの葉を飾り付ける



♡シャルテオ♡


大学時代にはモデルとして活動、その後フランス・パリに留学。


帰国後、外資系金融機関に勤務する傍ら、MBAやその他の資格を取得、幅広い趣味を持つ。


マラソンやロードバイクの各種大会完走、米国ヨガアライアンス・ヨガティーチャー登録、パリ・コルドンブルー料理学校料理基礎コース終了、野菜ソムリエ資格、アスリートフードマイスター3級取得。


会社員生活25年を機に退職し、東京オリンピック・パラリンピックのボランティア活動後、コンサルティング会社を起業。これまでインプットしてきたスキルや経験をアウトプットしていく方向にシフトしている。


東京と軽井沢での2拠点生活をしながら、自由な働き方で心豊かに、充実したセカンドライフの実現を目指している。

Comments


bottom of page