自宅で過ごす時間が長かったり、今の状況に不安を感じて、体調が今ひとつ優れない。。。

どうしても色々と考えてしまう。


普段脳に浮かんでいる雑音・雑多な考えを瞑想することで減らすことができます。


イメージ的には、頭の中の雲をパッと手で取り払う感じ。Google社も社内で瞑想を導入・実施し、ミランダ・カースティーブ・ジョブスも取り入れていることで注目されています。

「今」にポイントを置く、マイドフルネス瞑想。今、自分が何を考え、どうしてこの思っているのか。自分を「今」のありままの状態に気づくことで、心を整えることができます。

瞑想は、朝起きた時または、夜寝る前に行いましょう。

瞑想のやり方はとってもシンプルです。一般的に20分ほどかけて行う方法が良いとされていますが、10分間でも十分効果があります。まずは、静かな場所でリラックスして座りましょう。


部屋の照明を暗くする

●あぐら座りまたはベッド・お布団の上で行う場合は仰向けに寝転がり、全力の力を抜きます。

手のひらを上に向けます

目を軽く閉じます

部屋の照明を暗くする


目を閉じて、全身の隅々まで息を巡らせるイメージでゆっくりと呼吸をします。

できれば腹式呼吸を行い、難しい場合はゆっくりと息を吸って・ゆっくりと息を吐いて呼吸に意識を集中させます。呼吸をゆっくりと行うことで、心を整えていきます。


瞑想中にリラクゼーションの高い音楽が流れると、リラックス効果アップが期待できます。リラックス効果アップ!はこちら

瞑想はストレスの軽減・集中力アップ・ポジティブ思考に効果的です。短くても少しずつマ毎日の生活に取り入ることで、効果が期待できます。「少し疲れたな」と感じたら、ぜひチャンレンジしてみては?