top of page

ローバ・ミッキーの「映画を通して、恋愛力アップを」


おしゃれ好きの方は是非 『ミセス・ハリス、パリへ行く』

写真出展&Referance:公式サイト


1950年代のイギリス・ロンドン。

戦争で夫を失い家政婦として働くミセス・ハリス(レスリー・マンヴィル)は、ある日、雇い主のクローゼットにあったクリスチャン・ディオールのドレスに一瞬で心を奪われる。


あまりの美しさに彼女はディオールのドレスを買うことを決意する。


必死に500ポンド(現在の価値で300万円以上)を貯め、フランス・パリへ向かい、ディオール本店を訪れるが支配人のマダム・コルベール(イザベル・ユペール)に冷たくあしらわれるハリス。

だがこんなことで夢をあきらめる彼女ではなかった。


写真出展&Referance:公式サイト

質素な生活をしていたミセス・ハリスが夢に向かって進む姿をロマンティックに描かれている。


彼女の正直でチャーミングな性格がいろんな人を味方につけて、注文のグリーンのドレスの採寸の時に、出来上がるまで数週間かかることを知って困惑する。


滅多に入ることにできないディオールの本店、その奥にある工房の場所になぜ入ることができたり、出来上がりまで泊まるところを提供されたりしたのかは、劇場でご覧いただきたい。


原作は「ポセイドン・アドベンチャー」などで知られる小説家ポール・ギャリコ

衣装デザインは『クルエラ』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したジェニー・ビーヴァン

1950年台の伝統的な衣装とフランスの先進的な衣装は見逃せない。


写真出展&Referance:公式サイト


★ アンソニー・ファビアン監督、脚本/イギリス/116分

★11月18日公開



★ミッキーの毎日・映画三昧 http://mikki-eigazanmai.seesaa.net

映画好きが高じて年間500本以上を映画館、国内映画祭、試写室で観ている年金満額&後期高齢者のローバ・ミッキーです。週1回ほど映画を通していろいろな「人生&恋愛模様」を語っていきます。

Komentarze


bottom of page