ローバ・ミッキーの「映画を通して、恋愛力アップを」


ダイアナ妃が別れを決意した3日間 『スペンサー ダイアナの決意』


写真出展&Referance:https://spencerfilm.tumblr.com/

1991年のクリスマス。

ダイアナ妃(クリステン・スチュワート)は、クリスマスを祝うために王族が集まるエリザベス女王の私邸・サンドリンガム城に、自ら運転して一人で向かう。


途中、道に迷いレストランに入って「ここはどこですか」と聞く。

お店のみんなは「ダイアナさんよ……」と言ったきり驚いて声も出ないほど。

間もなく城に着くが皆勢揃い。

チャールズ皇太子(ジャック・ファーシング)との関係は冷え切っており、不倫や離婚がうわさされているにも関わらず、誰もそのことには触れない。

チャールズ皇太子との会話で「私見を取り除き、顔を使い分けて、国民が望む姿を見せるのが王室だ」という台詞に逆らうかのように、彼女はある「決断」をする

自分の意見をはっきり言えば、厳しい現実が降りかかる……これは私たちが生きていく中にも起こること。


悲運な元妃だったが、乗り越えようとした勇気は褒め称えたい。

パブロラライン監督/ドイツ、イギリス/117分

★公式ホームページ https://spencer-movie.com/#modal

★10月14日公開


★ミッキーの毎日・映画三昧 http://mikki-eigazanmai.seesaa.net

映画好きが高じて年間500本以上を映画館、国内映画祭、試写室で観ている年金満額&後期高齢者のローバ・ミッキーです。週1回ほど映画を通していろいろな「人生&恋愛模様」を語っていきます。