ローバ・ミッキーの「映画を通して、恋愛力アップを」


写真出展&Referance:https://mobile.twitter.com/andesfutari

アンデス山脈の標高5000メートルの高地にふたりで暮らす老夫婦のお話。 

7月30日公開『アンデス、ふたりぼっち』



ウィルカ(ビセンテ・カタコラ)と妻パクシ(ローサ・ニーナ)は都会に出た息子の帰りを待ちながら、アイマラ文化の伝統的な生活の中で、リャマや羊と共に暮らしていた。

そんなある日、飼っていた羊がキツネに襲われる。さらにマッチも底をついて、買いにいったウィルカが途中に倒れてしまう……。


写真出展&Referance:https://www.buenawayka.info/andes-futari


ペルーで初めて先住民の言語「アイマラ語」で撮影された作品


ウィルカを演じたビセンテ・カルコラは監督の実祖父、妻のパクシは友人の推薦で出演。


映画を観たことがないというふたりはアイマラ族

ふたりの暮らしを支える自然の恵みは、湧き上がる水ジャガイモ疲れを癒すコカの葉羊の毛でポンチョを織る。ふたりにとって文明の利器はマッチとランプだけ

ふたりの日常とささやかな願いは「愛する人と分かり合える言葉、腹を満たす糧、寒さをしのぐポンチョと家があれば充分」と教えてくれる。

豊かで便利な生活に慣れきった「今」のありがたみと危うさの両方をふたりから教えてもらった。


写真出展&Referance:https://mobile.twitter.com/andesfutari

★ オスカル・カタコラ監督、脚本、撮影/ペルー/86分


★公式ホームページ https://www.buenawayka.info/andes-futari

★7月30日公開



★ミッキーの毎日・映画三昧 http://mikki-eigazanmai.seesaa.net


映画好きが高じて年間500本以上を映画館、国内映画祭、試写室で観ている年金満額&後期高齢者のローバ・ミッキーです。週1回ほど映画を通していろいろな「人生&恋愛模様」を語っていきます。