ローバ・ミッキーの「映画を通して、恋愛力アップを」

写真出典&Referance:映画公式twitter


雷に打たれたように「恋」からは逃れられない 

5月27日公開『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』



2021年の11月99歳でお亡くなりになった瀬戸内寂聴さん


大正生まれで、昭和、平成、令和の時代を生き、51歳で仏門に入った小説家


婚家に幼子を残して駆け落ち、不倫、三角関係の体験を小説に書き、世間からいろいろ言われながらも、作家としての成功を手に入れた彼女を「死」の間際まで追ったドキュメンタリー。



寂聴さんに17年間密着取材を続けた中村裕監督

その間柄は母と息子であり、親友で恋人?未満


インタビューなどから、僧侶と作家の二つの顔を持ち、人生と女性であることを楽しむ寂聴さんを活写している。



恋愛は逃れられないよ。落雷と一緒」「恋愛は一番、人間を成長させる」「道が2つあったら、危ないほうに行った方が面白い」など含蓄ある言葉の数々。



法話の集まりの「お悩み相談」も泣いたり笑ったりだけじゃない


きっとあなたの心に響く何かがあるはず

写真出典&Referance:映画公式twitter


★中村裕監督、ナレーション/95分

★公式ホームページ https://movies.kadokawa.co.jp/jakuchomovie/

★5月27日公開



ミッキーの毎日・映画三昧 http://mikki-eigazanmai.seesaa.net


映画好きが高じて年間500本以上を映画館、国内映画祭、試写室で観ている年金満額&後期高齢者のローバ・ミッキーです。週1回ほど映画を通していろいろな「人生&恋愛模様」を語っていきます。