top of page

今こそ知っておきたい、女性の更年期のむずかしさ5つ


最近更年期に関するセミナーをさせていただくことが増えてきたので、その内容から、なんで女性の更年期が難しいのか、むずかしいポイント5つ挙げてみました。

参考にしてくださいね!

MY HAPPY SECOND LIFE. 女性の更年期のむずかしさ5つ

そもそも更年期とは?

更年期は性ホルモンが減少する時期のことで、すべての女性、男性にも訪れる時期のことです。

なので、年齢を重ねていけば誰もが通る道、なわけです。

女性の更年期は、閉経の前後5年間の計10年間と定義されています。

そして閉経は最後の生理のこと

平均的に閉経は50歳ごろといわれていますので、更年期は平均的には45~55歳ごろになります。

MY HAPPY SECOND LIFE. 女性の更年期のむずかしさ5つ

更年期のむずかしさ① 通り過ぎてからわかる

みなさんに質問です。ご自身がいつ閉経するか知っていますか?


これ、Noなんですよね。

もちろん閉経されている方はいつが閉経だったわ、というのはわかるのですが、自分がいつごろ閉経するか自分自身でも知らないんですよね。

閉経も定義としては、生理が1年以上来なかったらさかのぼって最後の生理が閉経です、とされていて、閉経して1年たたないとわからない、更年期に至っては5+1年すぎてみないといつから更年期に突入していたかわからないんです。


MY HAPPY SECOND LIFE. 女性の更年期のむずかしさ5つ

更年期のむずかしさ② 閉経の年齢も意外と幅が広い

閉経の平均年齢は50歳ごろと書きましたが、実は意外と幅があります。

早い方だと40歳まえから、遅い方だと60歳前まで・・・同世代の友だちと話していても意外と一致しない、これが更年期です。

MY HAPPY SECOND LIFE. 女性の更年期のむずかしさ5つ


更年期のむずかしさ③ 症状が色々で本人もどれがでるか知らない・・・

更年期の症状、代表的にはホットフラッシュがありますが、実は症状は数十もあると言われています。

眠れない、夜中に起きたら再度寝付けない、肩こりがひどい、関節痛が痛い、落ち込みやすい、などなど本当に多岐にわたります


そして自分自身もどこに症状がでるかあらかじめわからないのです。

なので、更年期?年齢のせい?ストレス?他の病気?みたいになります。

先ほど例に出した症状も、更年期の症状かも?と思っていなければ婦人科に行かないような症状です。

関節が痛かったら整形外科、落ち込んだら精神科です。

こうして迷子になる女性も多いので、40代~50代の原因不明の不調に悩んだら、更年期の症状かもしれないので婦人科に行くことを考えてみてくださいね。

MY HAPPY SECOND LIFE. 女性の更年期のむずかしさ5つ

更年期のむずかしさ④ 前向きにとらえにくい

女性は若い方がいいといったイメージだったり、年齢を重ねることに抵抗があったりして、更年期ってすごくネガティブなイメージが強いんです。

症状が出ていても、まだ更年期じゃない、と認められなかったり、もう若くないと言われているようで受け入れられないそんな女性も多いんです。

でも更年期はみんなが通り過ぎる時期です。

そのときがきたら受けいれて、最近はいろいろな対策もあるので、いろいろ試してご自身にあった対策を見つけていってほしいです。


更年期のむずかしさ⑤ ライフイベントと重なりやすい

私は38歳で出産しました。

女性の健康に関する勉強会に参加していたときに、高齢出産は三重苦になりやすいんだよ、ときいてなんでだろうと思って自分の人生をシミュレーションしてみました。


もし平均的に45歳ごろから更年期に突入して症状がではじめたとしたら、まだ子供は小学校低学年・・・まだそれなりに手がかかる時期です。

そして父親は76歳、健康寿命を大きく超え平均寿命に近づきつつある年齢。

母親は71歳、私が更年期の間に健康寿命を超えます。

つまり親の介護の可能性が高い時期です。

子育て、介護、そして自分の更年期症状で三重苦ということなんだ、と改めて実感しました涙 

MY HAPPY SECOND LIFE. 女性の更年期のむずかしさ5つ

最近の女性はそこに仕事もはいってくるので四重苦になることもあるよといわれています。日本はまだ女性が家族のことを担っていることが多く、人によっては更年期に大変な時期が重なりやすい、そんなときは更年期の対策をいろいろ試して改善させることも大事ですし、そして周りや外部サービスに頼ることも大事です。

まわりの方も「大変な時期なんだ」と理解してサポートしてくださいね。


と、更年期のむずかしさを書いてきました。

え~、どうしよう、怖い!と不安になる方も多いと思いますが、薬もありますし、フェムテックの領域でいろいろな商品やサービスが開発されています

あらかじめ知っておいていざというときに試して自分に合ったものを探せるようにしておきましょうね!


そしていざその時が来たら受け入れてくださいね




株式会社ジョコネ。代表取締役。

グローバル医療機器メーカーにて10年以上マーケティングのキャリアを積み、自身の経験から女性のヘルスリテラシーをライフワークに研究、活動を展開。

NPO法人女性医療ネットワーク理事、聖路加国際大学大学院にて女性のヘルスリテラシーの研究中。

早稲田大学理工学部卒業・修了。



・ジョコネ。SNSアカウント:FacebookInstagram


・北奈央子さんのTwitterはこちら

Comentários


bottom of page