top of page

アラフィフ世代必読!子どもの自立で感じる寂しさを克服するための実践アドバイス

MY HAPPY SECOND LIFE :子どもが巣立った後の「空の巣症候群」克服法

アラフィフとは、50代から60代の中年期を指します。子育てが一段落し、子供たちが自立して家を出ていくこの時期に、多くの親が「空の巣症候群」に見舞われます。子供たちとの毎日がなくなり、突如として訪れる静寂と寂しさ。これにどう向き合い、乗り越えていくのかを考えてみましょう。

空の巣症候群とは? 空の巣症候群は、子供たちが家を出て生活の中心が変わったときに親が感じる寂しさや喪失感です。これは一時的なものかもしれませんが、無視すると精神的な健康に影響を与える可能性があります

どう向き合う?

  • 自分の感情を認める

  • 新たな趣味や活動を見つける

  • パートナーとの関係を再構築する

  • ボランティアや地域貢献活動に参加する

  • 専門家に相談する


そうは言っても、突然今までの生活を変えるのは、とても難しいことです。第1ステップとして、まず自分の現状を認め、感情を整理することが大切です。


自分の感情を認める

子供たちが家を出て行くと、家ががらんとして静かになるものです。それまで賑やかだった家の中が静まり返ると、寂しさや喪失感がこみ上げてきます。それはとても自然な反応です。ここで大切なのは、その感情を無視せずにしっかりと向き合うことです。


具体的なステップ:


感情を表現する

  • 自分が寂しいと感じたとき、無理にその気持ちを抑えず、日記に書いたり、友人や家族に話したりして、感情を外に出しましょう。泣くのも1つの表現方法です。泣いてもいいんです。

自分の気持ちを探る

  • 自分が具体的に何に寂しさや喪失感を感じているのかを探るために、自問自答を試みます。「どの瞬間に一番寂しいと感じるか」「子供たちと過ごす時間がなくなったことで、何が変わったと感じるか」など、自分自身に問いかけてみましょう。

感情を認め、受け入れる

  • 複雑な気持ちになることもあるかもしれませんが、それは「子育てが終わり、次のステージに進む時期」である証拠です。自分の感情にラベルを貼って整理し、「今、寂しい」「さみしい」と認め、受け入れましょう。

サポートグループに参加する

  • 同じように「空の巣症候群」を経験している他の親御さんと交流する場を見つけて、感情を共有しましょう。他の人々と共感し合うことで、自分の気持ちをより深く理解し、受け入れる助けになります


これらのステップを通じて、自分の内なる感情に正直になり、それを認め、表現することで、次第にその感情と向き合い、乗り越える力を育てていくことができます。

MY HAPPY SECOND LIFE :子どもが巣立った後の「空の巣症候群」克服法

ビクトリアさん


ヨーロッパやアメリカでの仕事経験を持つパワフルなアラフィフ。自身の離婚経験後、再就職に苦労し、その経験を世界中の女性とシェアし、勇気づけたいというモチベーションを基に、タイムマネージメントや目標マネージメントにベースにしたコーチング事業をスタート。現在、有名ビジネススクールで講師・コンサルタントとして勤務。



Commenti


bottom of page