top of page

夜になるとなんだか不安?!

夜、眠りの中に潜む不安。なぜ昼間ではなく、夜に不安が押し寄せるのでしょうか?



夜間の不安を軽減する4つのポイント

♡ソフロジスト、メラニーさんのアドバイス♡


夜が解放する無意識の闇

夜は、私たちの意識が休息し、無意識が主導権を握る時間。したがって、未処理の不安や心配事が浮かび上がるのは自然なことです。無意識は私たちに問題の存在を知らせ、それに向き合うことの重要性を示唆します。不安は、潜在的な危険を警告するためのシグナルであり、このため夜に私たちを目覚めさせることが多いのです。


夜間の不安の兆候

夜間の不安には一般的なものと病的なものがあります。恐れる対象に対する不安が適切であり、過度に制約することがなければ、一般的な範疇とされます。

ここで重要なのは、その不安の度合いです。例えば、企画書が自分の思うように完成できていないできないことによる不安が数晩の睡眠を妨げるのは一般的ですが、それがパニック発作を引き起こし、翌日の生活に支障をきたすようであれば、病的な可能性が高まります。この過度な不安は、その強度、持続時間、状況に不適切さで判断されます。


不安の影響を悪化させる要因

夜間の不安は、日常生活の出来事に反応することが多いです。仕事・人間関係などが挙げられますが、病的な夜間の不安の原因は様々です。不安障害や気分障害、他の精神疾患によるものも少なくありません。これらの病状は睡眠を乱し、長期的には身体的・精神的健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

夜間の不安を軽減する4つのポイント

健康への影響

夜間の不安は、翌日の疲労やストレスを引き起こすことがあります。長期間にわたって睡眠が乱れれば、疲労感や不機嫌さが増し、生活の質が低下するかもしれません。これは身体的な健康だけでなく、心理的な健康にも影響を及ぼす可能性があります。


夜間の不安を軽減する4つのポイント


1. 不安は問題の兆候

まず、不安を感じることは何か問題があるサインかもしれません。多くの人は、この感情から逃れたいと思ってしまい、原因を無視してしまうことがあります。しかし、実際にはその不安には何らかの理由がある可能性があります。そのため、まずは不安の背後にある問題を見つけることが大切です。


2. 問題を探求することが大切

不安を軽減しようとするのではなく、なぜ不安を感じているのかを探求してみましょう。セラピーを受ける必要があるわけではありません。普段の生活で簡単に特定できる場合もあります。ただし、理由が分からない場合は専門家に助けを求めることも考えてみてください。


3. リラクゼーションを試してみましょう 特定の要因が不安を引き起こしている場合、リラクゼーションを試してみることがおすすめです。呼吸や体に意識を向けることで注意を転換し、良質な睡眠を促進する助けになるかもしれません。

4. 精神的な問題に対処することが大切 もし夜間の不安の原因が精神的な問題である場合、それを真剣に取り組むことが重要です。自分だけで解決できない場合は、専門家に相談することを検討してください。医師や精神科医とのコミュニケーションを通じて、適切な診断や治療方法を見つけることができるでしょう。 夜間の不安は、無意識が私たちに問題があることを知らせる手段であり、潜在的な危険を警告するシグナルでもあります。不安に向き合い、不安の原因を知ることが大切です。

夜間の不安を軽減する4つのポイント

メラニーさん


リラクゼーション、呼吸法、身体の動き、筋肉の弛緩、思考の「視覚化」などを含む一連のテクニックで構成されている「ソフロロジー」を通して、心の不調を改善するソフロジスト。パリ12区のプライベートアパートで完全予約性のセッションを実施、特に大人気にセラピスト。


Comentarios


bottom of page