いつもなんだか疲れている


お休みの日はいつも予定が詰まっていて、休まらない

休暇を取って旅行先でも、携帯ばかり見てしまってゆっくりと休んだ気がしない


忙しい毎日を送っているうちに、カラダが「疲れた~」とレッドサインを出し、心や体に不調が起きてしまうことも




そんな多忙な私たちの生活の中で、あえて「何もしない」ことをする「二クセン」がオランダで注目を集めています。窓の外を眺めてポーとしたり、のんびりとリラックスすることで、脳内の幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」が分泌され、ストレス解消にもつながるそうです。


あえて何もしないことって、何をすれば良いの?


あらゆる多忙から一旦離れて、「何もしない」状況をあえてつくってみる


●家の窓や電車の窓から外の景色をゆっくりと観察する(雲の流れや風景、木々、街並みなど)


●ソファに座って(ベッドの上で寝転んでもよし)、目を閉じて、大好きな音楽を聴きながら、音楽の音色を楽しむ


●カフェでコーヒーやティーを飲みながら、街の景色や人の動きをゆっくりと眺める


●公園やベランダに座って、太陽のあたたかさや風の心地よさ、自然の音をゆっくりと楽しむ

●目的を持たず、外を散歩する


「何もしない」ことを日常の隙間時間に取り入れることで、多忙な毎日の中の目の前のことを一旦一時停止し、ひと時の間、心身をゆるめることができます普段気付かなかった季節の変わりを感じたり、街並みの変化を感じたり。


呼吸が深まり、全身が落ち着き、心に余裕ができることで、ストレス軽減にもつながります。

欧米での究極のバカンスや週末の過ごし方は、まさしく「何もしないこと」。何もしないラグジュアリーをあなたもぜひ実践してみてください。