いつの時代も人を惹きつける悪女たち


時代を超え、国が変わっても必ず登場する「悪女」たち。

そこに共通するのは強烈で圧倒的なカリスマ性ではないでしょうか?


昭和・平成の悪女というと、どちらかというと男性に甘えるのが上手な、セクシーかつチャーミングな女性像がイメージされるかと思います。


ワガママに奔放に男性を転がしてしまうのに、困ったことが起きるといつも誰かが助けてくれる

男性に、「放っておけない!」と思わせる魅力がありました。


では令和の「シン・悪女」はどこが進化したでしょう?



それは、男性だけでなく、女性までファンにしてしまうタイプのカリスマ性です。


男性に甘えて助けてもらうというよりは、自分ではっきり意見を言い、自分で自分の言動に落とし前をつける。


場合によっては困っている人を率先して助けにいくような豪傑さも。


サバサバしていて他人に依存しない一人でいることを気に留めず、むしろその時間を優先する


他人のことで悩む暇があったら自分のやりたいことに時間を使い、結果それが自分を磨くことになる。


現代の悪女役で人気の女優さんたちの、顔立ちや立ち振舞いを見ても、クールで媚びない美しさを持っていて、自分の流儀を大切にしている方が多いですよね。


そんな現代の「シン・悪女」に、女性が憧れるのも頷けます。


以前の日本では、「男性に意見する女性は可愛げがない」「女は女らしく男性の後ろを黙ってついて来ればいい」といったような認識が主流でした。


今でもその意見が完全になくなったわけではないですが、悪女と叩かれた先人たちの努力の甲斐もあり、ようやく女性の生き方も多様性が認められてきたように思います。



昭和のキュートな悪女もとっても魅力的!ですが、令和のシン・悪女のスタイルも、ぜひ参考にしてみてくださいね♡


大人がもっと楽しい!My Happy Second Life♡




Carin☆

某有名アイドルのスタイリスト・フェムテック業界を経て、女性の元気を様々な方面から応援するコンテンツをプロデュース。 #昭和レトロ#サブカル#B級スポットを求めて日本全国を旅し、これからヒットするモノ・ヒトを発掘し、発信。