今日の1日頑張った自分に「お疲れ様」と言って、いたわってあげることはとても大切。スマホやテレビに気なってしまっても、寝る30分前は「ナイトモード」にスイッチオフすることが、睡眠の質を上げる大切な時間寝る前に次の7つのことを習慣にしてみてね!

1.スイッチをオフにしてパワーダウン

仕事が忙しくて、常にメールをチェックしてしまう。眠りにつく30分前から、スマホやパソコンをオフにして脳をお休みモードに入る準備をしましょう。


2.30分間読書をする

読書はポジティブに脳を刺激します。読むことで心がリラックスし、睡眠に入りやすい体制に体を整えます。


3.明日することをあえて紙に書き出す

明日の仕事のこと、やらなくてはいけないことでついつい考えてしまうことが山ほど。忘れないようにと考えてしまうと、なかなか眠れなくなってしまいます。紙とペンを用意して、明日のTO DOリストを書き出しましょう


4.ベストな睡眠環境を演出する

ベストな睡眠環境は、部屋の温度が少し涼しいくらいの適温・部屋の暗さ・静かな環境の3つが整った環境です。寝る体制に入る30分前から、部屋の蛍光灯は消して、間接照明で少し暗めの明り、音楽はリラックスできるもので、眠りに入りやすい環境を演出することも大切です!


5.次の日の洋服の準備をする

朝起きて慌てないように、天気予報をチェックしながら明日着て行く服・アクセサリー・バッグも用意しておきましょう。


6.アロマの香りで心や体をリラックスさせる

アロマの香りが脳の視床下部に直接働きかけ、自律神経やホルモンのバランスを整えることができ、身体の緊張がほぐれ、心身ともにリラックスすることができます。眠る前にアロマオイルを焚いて、ゆっくりリラックス。


7.今日の自分を褒めてあげて、明日がハッピーな1日であるように、ハッピーなことを考える

サクセルフルな人たちが寝る前に毎晩行っている習慣で、自分を褒めてあげて、明日の自分がすべきこと、したいこと、ハッピーになれることを想って、眠りにつくとより素敵な眠り(快眠)につけるそうです。


素敵な眠り(快眠)は、マイナスをプラスに転換する眠りで、明日へのパワー得る眠りです。

毎日がさらに充実してハッピーに過ごせるよう、眠りも意識してみては?


#アラフォー#快眠#眠り#睡眠環境#アラフィー