top of page

人間の感情はいくつあるか知っていますか?

実は約34000と言われています。

自分の感情のリズムを定期的に把握することは、心の健康をケアするための大変効果的な方法です。


感情を扱うのは難しいことですが、それ以上に重要なのは、感情を識別することです。自分の感情をよりよく理解し、解決策を見つけるヒント、それが「感情の輪」です。


私たちは自分の感情を軽視し、簡単な言葉で要約する傾向があります。


感情を判別する

「感情の輪」は一体どんなものなのでしょうか?


心理学者のロバート・プルチックによって初めて作られたこのカラフルなホイールは、自分が感じるであろう感情の範囲を一目で視覚化することができます。


感情を理解するために設計されてる「感情の輪」は、6~8個の主要な感情で構成され、その周囲に複合感情(2個の主要な感情の産物)が表示されます。


最も激しい感情である怒り、恍惚、悲しみは、通常、ホイールの中央に表示されます。イライラや不安など、あまり強くない感情は、外側に配置されます。



自分の感情を管理して、心のウエルネスを定期的にケアする4つのポイント


1:自分の感情を認識、明確に理解することが大切。


2:自分がどう感じているかを認識して、今この瞬間に自分を大切にするために何が必要か理解しましょう。言い換えれば、感情に任せて無意識に操縦するのではなく、自分が積極的に運転席に座ってコントロールするイメージで。


3:気持ちは、以下のようなさまざまな内的・外的要因の結果です。ストレスや負の感情を引き起こす要因をリストアップしてみましょう。


睡眠時間・天候・食事・人間関係・運動・健康状態・ホルモンなど


4:自分の気持ちに耳を傾けることで、他人が自分に与えている影響に気づくことができます。

誰かと一緒にいるときに喜びを感じているなら、感謝の気持ちを伝えたり、もっと一緒に過ごす機会を作ったりするといいかもしれません。誰かがあなたを利用し続けるので、怒りを感じているのなら、自分自身の境界線をより明確なものにし、与えることができるものとできないものを相手に伝えるとよいでしょう。


ความคิดเห็น


bottom of page