私たちは自分のカラダに100パーセント満足しているとは限りません。自分自身を他の人と比較し、太りすぎ、髪の毛がうねっている、小じわが目立つなど、自分自身を批判してしまいます。他人や、自分がこうあるべきというイメージと自分を比較することによって自分をネガティブな空間に陥れ、感情的なダメージを与えてしまいます。


自分のカラダについてポジティブに考えることができたらどうでしょうか?


自分のカラダに自信が持てるボディ・ポジティブになれる5つのルール


1.自分が好きな服・気分がアップする洋服を着る

当たり前のように思えるかもしれませんが、洋服をよくよく観察してみると、お店の人に勧められて購入した、雑誌に掲載されたからなどの、他の誰かが似合っていると言ったので購入したものが複数見つかるかもしれません。自分にとって快適で、現在のカラダにフィットする洋服を着ることをお勧めします。6ケ月後、1年後に着れるかもといった「期待服」ではなく、自分が着用していて心地が良いと思える洋服。アクセントやカラーはアクセサリーで表現しましょう。


2.マスタベーション

え??マスタベーションと思ってしまうかもしれませんが、マスタベーションは実はストレスを和らげるのに最適な方法の一つでもあります。自分のカラダにどうしたら喜びをもたらすか理解することで、自分とのカラダとより良い関係を作ることができます。部屋の明かりを暗めにし、リラックスしましょう。自分が「安心」できるお部屋の環境を作り、時間をかけて、セクシーな雰囲気を作り、自分のカラダを楽しんでみてください


3.ポジティブな人に囲まれる

常にあなたをサポートし、励ましてくれる人たちと一緒にいることは残念ながら不可能ですが、ポジティブな気分にしてくれる人がいるということは重要です。人との関係は相互的であり、一方的な「毒」のある関係を手放すことも時には必要です。


4.感謝の気持ち

感謝の気持ちを持つ、実践することが感情や健康面にポジティブな効果をもたらすことが、科学的にも認証されています。いくつかの研究結果によると、毎日感謝の気持ちを持つ(瞑想や良い方向性に物事を考えるようにするなど)ことで、脳もリラックスし、毎日の出来事を肯定的にアプローチすることが可能に。自分の内側から心地良いと感じることで、自分のカラダにもポジティブになれるそうです!


5.難しいことを認める

このリストのすべてを実行しても、なぜかすべてが上手くいかない日が¥あります。自分のカラダとの関係は一夜にして変わることはなく、自分のカラダを好きになるには少し時間がっかる場合もあります。完璧を目標にせず、毎日自分のカラダについて、ひとつ前向きな考えを持ってみてください。自分のカラダのここが好き!そんなマイ・ボディに向けて愛を毎日少しずつ費やすことが大切です



#アラフィー#ポジティブ#アラフォー#更年期#ボディ