top of page

もういや!!!家の掃除や片付けが面倒くさい。

疲れてると、ついつい後回しにしてしまうことってありませんか?


そんな家事をしたくない!!という気持ちをモチベーションアップすることによって、短時間に楽しく整理整頓しよう!というがポモドーロ・テクニック。


ポモドーロ・テクニックはタイマー機能を使った、イタリア式片づけ方法。




ポモドーロテクニックとは?


ポモドーロテクニックとは、1日の時間をさまざまな短いシーケンスに分割する方法です。そうすることによって、周囲に邪魔されることなく、集中することで、各タスクを一度に完了させることができるのです。


時間は25分や30分を超えない。この時間が経過したら、5分間の休憩をとるといった簡単な方法です。

この方法は、80年代後半にフランチェスコ・シリロによって考案されたものです。


4ポモドーロ=2時間経過したら、少し長めの休憩を取ります。気分転換やモチベーションアップに最適です。


イタリア語で「ポモドーロ」とはトマトを意味します。 フランチェスコ・チリロのタイマーは赤色で、トマトの形をしていたため、ポモドーロ・メソッドと名づけられました。


ポモドーロ・メソッドを家事で応用する方法とは?

その日の行動をリストアップし、目標を立て、実行します。



1:まずタイマーを用意しましょう


2:タイマーを手に、決められた時間内にタスクをこなします。


3:1つのタスクの時間は25~最長30分まで


4:物事をより明確に捉えるには、優先順位をリストアップして視覚化します。


5:例えば25分間、「服を片付けよう」とタスクを設定します。25分間経過したら、次のタスクに以降します。


6:25分間経過したら、「自分へのご褒美」として、5分間の休憩を取ります。


7:5分休憩。その後、次のタスクに移行します。

このように、時間を区切って、最後に休憩を挟むことで、心理的にゴールが達成しやすくなります。


効率的に家事を進めることで、モチベーションアップにも繋がります♡




Comments


bottom of page