彼・パートナーがエッチしたい気分なのに、あまりその気になれない。通常なセックスしたい気持ち⇒興奮⇒性交⇒オルガズム⇒セックス後の陶酔感「セックスハイ」を感じます。現実では女性と男性とでは、「興奮」するタイミングが異なるため、毎回スイッチが「オン」になっているとは限りません。


男性が興奮すると、「勃起」というわかりやすい形でわかります。女性が性的に興奮すると、血液循環が増加し、クリトリスと外陰部が充血し、膣が湿った状態になります。カップルが前戯に費やす時間は、平均して12分未満と言われていますが、女性が興奮するには、20分近く必要と言われています。


いつも「オン」の状態になれない

女性がセックスしたくない理由は、身体的・心理的・社会的理由があります。ストレス、出産、仕事に伴うホルモンの変化で、エッチな気分になれない、性交したくないというのはよくあることです。しかし、もしセックスしたい!と思っているのに、自分の気持ちを「オン」にできない、性欲の低下を感じた場合は、いくつかの要因があります:


*ストレス

*不快な過去の性的経験

*妊娠や性感染症への懸念

*人間関係の問題

*倦怠期

*うつ病

*不安

*出産・産後

*ホルモンの変化

*パートナーの性的機能


性欲があり、興奮している状態なのに、膣が濡れない。年齢とともに、なんだか膣の潤いがなくなってきている気がする。そんなお話もよく耳にします。


デリケートゾーンに潤いを与えて、自信が持てるイイ女

気分が盛り上がらず、膣が充分に潤っていない状態で、セックスするのは苦痛で楽しいことはありません。前戯にもっと時間を費やし、肌と肌を感じあうなど、性的な感覚を刺激・高めることをお勧めします。


お互いの肌を感じる

オーラルセックス

ボディマッサージ

一緒にお風呂に入る

内腿や精器を刺激する


それでも、潤いを感じられない場合は、デリケートゾーン専用ルブリカントをお勧めします。


また更年期を迎える少し前から、女性ホルモンの分泌が低下し、膣粘膜からの分泌物が減少します。更年期を迎えると膣壁のコラーゲン量も低下するので、膣内乾燥し、萎縮して硬く縮んでしまいます。欧米では、大人女性には当たり前のデリケートゾーンケア。デリケートゾーンケアを日常的にケアすることで、自らうるおい、代謝できる膣に整えることができます。


セックスはコミュケーションのひとつです。パートナーと会話を楽しみながら、ボディタッチや、キスを通して、「触れ合う」ことを大切に♡

#アラフォー#更年期#デリケートゾーン#アラフィー