フランスでは、素敵な大人の女性とみなされるのはアラフォーからだと言われます。パリの街中では、さっそうと歩く女性が目に留まります。年齢にこだわらず、自由気ままにエイジングを自分の味方につけているパリジェンヌ。そんな彼女たちに学ぶ、エレガントでクラッシーな大人の品格とは?


姿勢を整える

背筋を伸ばして、姿勢を整えることで、見た目がぐっと変わります。猫背で身をかがめると、年齢より年を取って見えてしまいます。背筋を伸ばした、すらっとした姿勢は、ポジティブなオーラーを醸し出し、素敵な女性を演出します


笑顔を「着る」

笑顔は洗練されて、エレガントに見える方法です。笑顔により、全体をより柔らかく、女性たしく見せます。


ジュエリーはミニマムに

ジュエリーによって、洋服を10倍上品に見せることができます。ジュエリーは着ているアイテムに応じて、印象をぐっと変えることができるので、洋服に合わせたジュエリーを選んでください。ただし大人女性は、上品で小ぶりなジュエリーをミニマムにつけることをお勧めします。


きちんとアイロンをかけた洋服はマスト!

どんなに素敵な洋服でも、しわがあると品格がぐっと落ちてしまいます。カジュアルなTシャツにもきちんとアイロンを当てて、清潔できちんとした印象を与えることが大切です。


自分だけの素敵な香りを見つける

柔らかくて上品な香りを身につけることで、フェミニンで優しい印象をアピールします。素敵な自分にあった香りを見つけることで、自信を高め、エレガントな女性らしい気分を高めます。


髪の毛お手入れ次第でプラス・マイナス10歳

アラフォー・アラフィーからは、年齢が髪に出てきます。どんなにお肌のお手入れをきちんとしていても、髪の毛がぼさぼさだったり、きちんとケアされていないと、素敵な洋服を着ていても、野暮ったい印象になってしまいます。髪をきちんと手入れし、顔の形に合ったヘアスタイルを見つけることで、見た目が大きく変わります


ファッションはニュートラル・カラーで

雑誌でモデルさんが着ていた、かわいい花柄のワンピース。テレビで芸能人が着ていた流行カラー。お店で店員さんに勧められて思わず買ってしまいたくなるかもしれませんが、アラフォー・アラフィー世代は、上品でタイムレスなニュートラルカラーを心がけましょう。

メイクアップと同様に、流行に敏感なカラーは実年齢より上に見せてしまいます。


上品で大人の品格を象徴するワードローブに最適なカラーは、グレー、ホワイト、クリーム、ベージュ、レッド、ブラック、ネイビーです。この色を取り入れることで、全てのカラーが一緒に仕えて、どんな組み合わせも簡単に、クラッシーに見えます。


ファッションやメイクも大切だけど、大人女子の品格はまず「ATTITUDE」(態度)から

#アラフィー世代

#大人の品格

#大人女子

#大人エレガンス