できればずっと若く見られたい。少なくても実年齢より上には見られたくない。女性なら誰しも気になる見た目年齢。実年齢より若く見える人もいれば、実年齢より年を取ってみえることも。老けてみえてしまう、絶対に避けてほしい7つのポイント


1.メイクを頑張りすぎてしまう

雑誌のメイク特集を見て、ついメイクに力が入ってしまいがち。流行りのカラーを取り入れるのはアラサーまで。40代からはナチュラルカラーを中心に、マスカラのつけすぎやダークカラーやマット仕上げのリップカラーは避けて!目力をアップしたい一心でアイライナーのつけすぎにも注意!一機に老け顔に!アラフォー・アラフィーからは手の込んでいないように見えるナチュラルで健康的なハッピー・フェイス・メイクを心がけて♡


アラフォーからのアイメイクの仕方はこちら♡

大人のナチュラルなアイライナーの仕方はこちら:

メガネ、サングラスが時代遅れ

メガネやサングラスのアイウエアもファッションと同じように、流行があります。顔の輪郭が変わったにもかかわらず、アイウエアだけ10年前のものをつけていませんか?小さなディテールで時代遅れを感じさせ、老け感が出てしまいます

メガネやサングラスも今の時代にアップデートしてみては?

ヘアスタイル・カラーを10年以上変えていない


4. 黒い服ばかり着ている

「黒」はクールカラー、よりスリムに見える色でもあります。全身黒、特に顔周りの近くの「黒」はシワや目の下のクマをさらに強調します。黒い洋服を着る場合は、明るい色のスカーフやネックレスを着けて明るさを出してみてください。


5. 体の体系をカバーする、シェイプのない洋服ばかり着てしまう

この頃太ってしまって。。。体のラインを隠したい一心でシェイプのない洋服ばかりがクローゼットに。自信のない部分は隠して、見せるところはきちんと見せて!メリハリのない洋服はさらにおばさんっぽい雰囲気をアップしてしまいます。


6. ブラをサイズをこの5年変えていない

年齢とともに体形も変わりますが、バストのカタチも変わっていきます。バストは、年齢とともにデコルテのボリュームが落ち、全体的に下がってしまいます。加齢によって変化するカラダに合わせた下着を身に着けることで、バストの位置が正しい位置になるため、見た目年齢に差が出ると同時に、その後の体型維持にもつながります。次回お店に行った時は、少し面倒でも、フィッティングをして、「今」の自分にあったブラジャーを試してみてください。見た目年齢もアップ、洋服を来た時に今までよりきれいなラインに出会えるはず。


7.手のお手入れ(ハンドケア)をしていない

実は「手」は顔より正直に年齢が出てしまうパーツです。どんなに素敵なファションをしていても、メイクもきちんとしていても、手が老いてしまっていると、一機におばさん感が出てしまいます。手元はごまかしがきかないので、毎日のハンドケア対策が大切です。

●保湿が一番―ハンドクリームをまめにつける

●定期的に角質ケアをする


ハンドクリームを塗る際は、爪までしっかりとつけると効果的です!


無理をして若く見せることもないけれども、あえておばさんっぽく見えないためにもぜひ7つのしてはいけないことを参考にしてみてください。



#アラフォー#アラフィー#メイク#幸せ顔