Acerca de

image0 (5).jpeg
image3 (1).jpeg

コロナをきっかけにリストラになり、もういきなり仕事を失いたくない!

WEBデザイナーからバーのオーナーへ♡

サラダボウル・オーナーの鹿間友美子さん

鹿間さんのご職業は何ですか?

 

鹿間友美子さん:

ジビエ料理を召し上がっていただけるカジュアルなBarでバーテンダーをしております。

 

以前は違うお仕事をしていたのですか?

鹿間友美子さん:

WEBデザイナーをしていました。とても忙しく、あまり自分の時間が取れない状況でした。

起業をしようと思ったキッカケは?

 

鹿間友美子さん:

コロナをきっかけに年に2度リストラになり、もういきなり仕事を失いたくない!(笑)
起業すれば自分で仕事を生み出せると思ったからです。

 

起業してどのような時が良くて、どのような時に大変だなと思いますか?

鹿間友美子さん:

良かったことは、ライフワークバランスを自分で調整出来ること。

大変なことは、全てが自分の責任なので誰のせいにもできないこと、全ての仕事に目を配らなくてはいけないことですね。

 

プライベートのお仕事のバランスについて教えてください。

現状は3:7でお仕事の比重が多いです。

仕事量は多いのですが、やっただけ結果を出せるので、毎日とても忙しくしていますが、充実しています!

毎日心がけていることを教えてください。

どんなお客様がいらっしゃるか、そのお客様に楽しい場として、心落ち着ける空間として提供出来るように心がけています。

そのような心がけをバーのオーナーとして、どのように反映されているのでしょうか?

私は2種類の狩猟免許を持っているのですが、お客様がお越しいただいた時に、落ち着ける、ここに来たら何か新しい発見があると思っていただけるよう、世界の音楽とお料理のイベントや昆虫食イベント、ジビエ丸焼きなど、常に新しい企画を実行しています。

私自身もお酒が大好きなのですが、ナチュールワインや珍しいウイスキーや、アブサン・メスカルといった変わったお酒も提供しています。

バーというと、どうしても女性ひとりでは入りにくいというイメージなので、女性のお客様にも心落ち着けるよう、季節のお花や置物など、インテリアにも細かい気配りをしています。

 

自分がハッピーだと思う時はどんな時ですか?

誰かの"嬉しい"を共有していただいた時やお客様とのお話でグルーヴ感が生まれた時です。

自分にとってのセカンド・ライフ(第二の人生)とは?どのようにしたいですか?

今は旦那との2人暮らしなのでセカンドライフは子どもが生まれた時がセカンドライフになるかと思います。

その際は家族みんなが笑いあえるのはもちろん、お店に来てくれるお客様にも家族を受け入れてもらえ、対個人だけでなく家族を1つの単位として繋がれるような生き方をしていきたいと思っています

 

鹿間友美子が経営するサラダボウルさんのインスタグラムはこちら♡

https://www.instagram.com/barsaladbowl/

image0 (4).jpeg
image1 (2).jpeg

​世界の女性起業家インタービュー: 
老舗の茶屋・甘露園 代表 田村千佳さん

IMG_2285.JPG
IMG_2410 (1).jpg